読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストリートビュー

昔、ヒトゲノムの完全解読が終わったころバイオインフォマティクスの勉強会に参加したことがある。

最後の質疑応答で、"人の遺伝子をいじる事は倫理的にいかがなものか?"という参加者の質問に対して、大学の先生が答えたのが、"倫理は技術によって変化していくものだ"と答えていたのを思い出す。

技術によって倫理のあり方は変わってしまう。便利なほうに流れるを社会は止められない。

果たして、美人の遺伝子や、秀才の遺伝子が確定できたとして、それを発現するようにいじることは有りだとは言いがたいわけだが。

(美人、秀才とはなんなのか?というほうが問題でもある。)