読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad周辺機器レビュー

iPadが日本でも発売になって、はてな社内もふくめて賑やかな一日でしたが、みなさんビッグウェーブには乗られたのでしょうか。

僕は既にに入れていたので、周辺機器を注文してみました。

  • appleオリジナルケース
  • カメラ接続キット
  • VGA出力ケーブル

の3点です。

結論を先に書いておくと、どれもなかなか気に入っていて、買う価値アリだと思います。ただし、VGAケーブルは対応アプリも少なそうなので慌てなて買う必要はないかもしれません。Keynoteを使う人向けという気がします。

appleオリジナルケース

iPadを使っていて思ったのですが、持ち歩くならケースは必須だと思います。ガラス面も丈夫らしいし、メタルボディも傷付くのがカッコいいとか思うのですがなかなかカバンにがさっと入れられるものでも無いです。

というわけで、毎日会社に持っていくためにケースを買いました。純正のやつです。
純正ではない、シリコンのカバーも使ったことがあるのですが、結局ガラス面が保護されないとカバンに入れるのに躊躇します。精神的につらいひとにはガラス面カバーがあったほうが良いです。

ガラス面カバーは思いのほかしっかり閉まるし、スタンドにするのもなかなか便利です。横位置で少し傾斜をつけるだけで見やすさや、操作性が向上している気がします。

3980円

カメラ接続キット

SDカードを使う機種なら、カードを直接iPadにさせるようになるアダプタです。

接続するとビューアーが開いてインポートする画像が選択できます。自分のカメラはSDカードでは無いので、USBケーブルを接続する方のアダプタを使ってます。2個が一緒になって 2980円。

結構高速なので、外で撮ってすぐ誰かに見せたいとかいう時に便利かも。旅行先とかに持ってくと楽しそう。

これを買ったもう一つの理由が、キーボード接続に使うため。HHKBもバッチリつながります。日本語変換は、コマンド+スペースにアサインされるみたいです。長文を打つのもこれなら快適かも。

VGA接続ケーブル

VGAに出力できるようになります。何でも出力できるわけではなくて、対応アプリだと出力できる、という代物。さっと見た感じ、写真ビューアとKeynoteが対応していました。どちらも、本体の画面のミラーになるわけではなくて、べつのウィンドウとしてつかっています。

写真ビューアで使ってみた図。ディスプレイに全画面表示されるので横に伸びています。これは、ディスプレイ側で調整できるかにかかっていそう。うちのこれは安物なので。

Keynoteを使ってみた図。Keynoteも伸びます。Keynoteの面白いところは、タップしっぱなしにすると、レーザーポインターが画面上に表示されるところ。強調するのがとても簡単です。これでプレゼンするのはちょっと楽しそう。近いうちにやりたい。

2980円

感想など

まずは、アプリがたのしいiPadですが、さらに外部とも連携できるとさらに面白さが増えるような予感がしています。とくにインスタレーション的な遊び方できるんじゃないかなとも思っていて、面白いアプリが作れたら良いなと勉強中です。