読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉旅行に行ってきた

連休を利用して久しぶりに旅行などしてみた。

コースは以下の通り。
大きな地図で見る

11/01(土曜日)の夜に車を借りてきて出発。この辺のレンタカー屋さんは前日貸し出しといって、朝から借りる場合はその前日の夜8時から借りられることが多い。それを利用して土曜のうちに旭川へ。

チェックインが11/02の3時からなのであんまり早く行っても仕方が無い。なので、旭川のネットカフェで03:00amから09:00amまで時間をつぶす。仮眠するつもりが、イキガミと、CLAMPのXを読了してしまって睡眠ゼロ。

11/02(日曜日)は旭川から層雲峡を抜けて、糠平へ。昼過ぎについたのだけど、やっぱり早すぎてチェックインも出来ないし、お風呂も用意できないということなので帯広まで豚丼を食べに行く。豚丼帯広駅前のぱんちょうがとても有名で、5年ぐらい前に行ったときもおいしかったので再訪。やはりおいしい。店の前に結構並んでいるけど、豚丼以外にメニューが無いのでそれほどまたされない。

豚丼を食べ終えて、糠平に戻る。糠平温泉ARMORED CORE For Answerに出てくる、NUKABIRAという兵器の名前に使われていて、友人が行ってみたくなったらしい。とはいえ決してはやっている温泉街とは言いがたく、さびれた感じで大変良い。温泉街の人々は再生しようとがんばっているらしく、サービスは行き届いていて良かった。止まった宿以外の温泉に入る外湯が4件ぐらい唯だったり、夕食が盛りだくさんだったり、部屋に囲炉裏があったりと文句はつけようが無い感じ。

11/03(月曜日)はあさから温泉に入って、帯広周りで帰る。途中、黒曜石アクセサリの工房に寄ったり、また豚丼のぱんちょうによったりしながら帰る。あ、帯広に行く前に廃線になった、士幌線のコンクリート橋も見てきた。アーチ橋が美しい。晴れたほうが絵としてはいいんだろうけど、曇った空も冬が近いのが良く分かる。

帯広から日高に抜ける日勝峠は吹雪になっていて、道路はシャーベット状に雪が積もっていた。スタッドレスタイヤかどうか出発時に確認しておいて本当に良かった。冬タイヤなら雪道の運転もそれほど怖くない。と言うか僕はわりと好きだ。

途中道の駅に何回かよりつつ19時ぐらいに札幌に到着。総走行距離は約700km。40Lぐらいで走ったので優秀だなあ、マツダレンタカーで借りた釧路ナンバーのカローラ