読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社はてなを退職しました

先週末の5/24日付で、株式会社はてなを退職しました。2008年のインターンに申し込んだのが、ちょうど5年前の今頃の季節で、以来、インターン採用、修士修了、新卒入社、結婚、第一子誕生と、人生のなかでも大きなイベントの多くをはてなと過ごして来ました。

仕事の上では、

などなど、書きだすときりが無いくらい多様な仕事に関わること出来ました。どの仕事も、沢山のユーザーさんからのフィードバックがある楽しい仕事でした。

若干いろいろな事に手を出しすぎて自分の専門分野を絞る事ができなかったとも言えますが、次の職ではその辺をどうにかしたいと思っています。CTOに、"深く技術を学ぶなら2,3年潜らないとねえ" みたいな事を言われた事もあって、それぐらいちょっと深く潜って勉強して見るつもりです。


会社を振り返ると、はてな労働環境は本当に素晴らしくて

  • 頼れる優秀な同僚
  • 京都ならではの広い机と、最新の開発環境
  • ベンチャーとは思えないホワイトな労働時間
  • 毎日出る社食と、無限のお菓子・飲み物

と、エンジニアの仕事環境としてはあまりないものだと思います。

一方で、"Web進化論"で書かれていたような、あるいは 2003 - 2005 年ごろの伝説的なへんな会社は、だいぶ普通の会社になっていて、あのビッグウェーブに乗れなかったのは少し残念でもあります。それは、上に書いた良い労働環境とは相反するものですし、入社の時点で以前と違うことは了解できていたので、無い物ねだりとしか言えないものです。

同僚にも本当に恵まれることが出来ました。スタープレーヤーが居なくなった後のはてなにも優秀な人が沢山いて、切磋琢磨という言葉が実にふさわしい環境でした。そしてなにより、よい友人を得ることが出来ました。アルバイトやインターンだった人々も含めてはてなで関わった方々は実に魅力的で、風変わりで、そして優秀でした。これからも、どうぞよろしくお願い致します。


そんな、すばらしい環境で、楽しい同僚達と、もっと長く一緒に仕事をするのも悪い選択肢では無かったと思います。しかし、以前から挑戦したかった事をやるべきタイミングが来たので、ここでお別れすることにしました。


とても楽しい4年間でした。昔から大好きだと思っていた会社で最初のキャリアを始めることが出来たことを光栄に思います。
同僚のみなさん、ほんとうにありがとうございました。